ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

三平方の定理では、特別な直角三角形辺の比を使って、三角形の辺の長さなどを求めることが出来ます。

基本事項をしっかり覚えて、素早く計算出来るように練習することが大切になります。

基本事項

次の3つの直角三角形の辺の比を覚えてください。

30° 60° 90°の直角三角形の辺の比

sannkaku

この形はは三角定規の三角形です。正三角形の半分になります。(正三角形の高さを求めるのにも利用します。)

1:2:√3 をしっかり覚えてください。

45° 45° 90° の直角二等辺三角形

tyokkakunitou

直角二等辺三角形です。正方形の半分になりますので、正方形の対角線の長さを求めるのにも利用します。

1:1:√2 をしっかり覚えてください。

辺の比が3:4:5になれば直角三角形になる

345

3つの辺の比が3:4:5になれば直角三角形になります。(三平方の定理に当てはめればすぐに証明出来ます)

これを用いれば斜辺以外の長さが 300cm 400cm の直角三角形であれば 斜辺の長さは500cmとすぐに求めることが出来ます。

また、証明問題で直角三角形を見つけるときにも使いますので、しっかり覚えておいてください。

練習問題をダウンロード

*辺の長さは慣れていないうちは比例式を使って求めてください。慣れてきたら暗算でも素早く求められるようにしましょう。

*問題は追加しますのでしばらくお待ち下さい。

特別な直角三角形の辺の比1

基本的な問題です。

tokubetusannkaku1_1のサムネイルtokusyusankaku1_2のサムネイル

(Visited 334 times, 2 visits today)

関連する教材