一次関数の応用問題です。
入試にもよく出題されるので、しっかり学習してください。
いろいろな問題を解いていくことで、問題パターンに慣れていきましょう。

よく出る問題の解き方

例)直線ℓ y=2x-6  直線m y=-x+12 のグラフがあるとき。下の図の△PABの面積を求める。

2つの直線の交点Pを求める。

2直線の式を連立方程式として解けばよい。

2x-6=-x+12 より x=6    y=-x+12 にx=6を代入して y=6

P(6、6)

A,Bのx座標を求める

x軸の交点のy座標は0←よく使うのでチェック

y=2x-6 に0を代入すると x=3

y=-x+12 に0を代入すると x=12

A(3、0) B(12、0)となる

*図に、3と12をかいておく

△PABの面積をもとめる。

底辺をABとするとABの長さは12-3=9

高さがPのy座標6となる

よって面積は 9×6÷2=27

*まずはこのレベルの問題を確実に解けるようにしてください。

*複雑な問題になってきても図に座標の数値を書き込むようにしていくと、問題が解きやすくなります。

1次関数のグラフの利用

交点を求めて、三角形の面積を求める問題など。

問題の図と解答にミスがありましたので問題を作り直しました。

graphriyo1_1のサムネイル graphriyo1_2のサムネイル graphriyo1_3のサムネイル

→一次関数のグラフの利用2(二等分、補助線などの問題 しばらくお待ちください)

 

一次関数のにがてな人へ

新品価格
¥540から
(2017/10/17 00:55時点)

(Visited 4,571 times, 1 visits today)

関連する教材