一次関数の2直線の交点を求める問題です。

関数の応用問題を解くための基本となる単元なので、しっかり出来るようにしましょう。

解き方のポイント
① 1次関数の式をグラフから求める
② 2直線の交点は連立方程式で求める。
この2点が分かっていれば難しくはありません。

例) 2直線 y=2x+4 y=ーx+10 の交点の座標を求める

2つの式を連立します。

代入法の考え方で
2x+4=ーx+10 の形にする。←1次方程式の形になるので解きやすくなります。

これを解くと 3x=6 x=2  

y=ーx+10 にx=2を代入

y=8

よって、求める交点の座標は (x,y)=(2,8)

2直線の交点の求め方

交点の求めかたの基本的な計算練習です。

koutenmotomekata1のサムネイル

2直線の交点1

グラフから2直線の交点を求める問題です。

直線の式をグラフから求めてから計算する問題もありますので、グラフから式を読みとる問題が出来るようになってから取り組んでください。

2tyokusenkouten1_1のサムネイル 2tyokusenkouten1_2のサムネイル

2直線の交点2

2tyokusenkouten2_1のサムネイル

(Visited 3,306 times, 1 visits today)

関連する教材