水溶液の性質(溶液、溶媒、溶質)

水溶液の性質に関する問題です。

ここでは、溶液溶媒溶質 の言葉の意味をしっかり理解するようにしてください。

実験問題や濃度などの計算問題がよく出題されますが、言葉の意味が分からないと、問題が解けなくなります。

基本事項

水溶液とは

ある液体に他の物質が溶けている状態のものを水溶液といいます。

  • すべて透明で色がついているものやついていないものがある。
  • しばらく放置しても溶けている物質は出てこない。
  • どの部分も同じ濃さで一定である。

溶液、溶媒、溶質

物体が液体に溶けることを溶解(ようかい)といいます。

溶液(ようえき) 液体に他の物質が溶けている状態のもの。

溶質(ようしつ) 溶液中に溶けている物質。(固体、液体、気体)

溶媒(ようばい) 溶質を溶かしている液体。(溶媒が水の場合、溶液が水溶液になる)

 

いろいろな水溶液の溶質

*溶質(何が溶けているか)を答えられるようにしておきましょう。(気体が溶けているものがどれか?という問題も出題されます。)

食塩水の溶媒 →食塩

炭酸水の溶媒 →二酸化炭素(気体)

塩酸の溶媒 →塩化水素(気体)

アンモニア水の溶媒 →アンモニア(気体)

硫酸銅水溶液の溶質 →硫酸銅

 

練習問題をダウンロードする

画像をクリックするとPDFファイルをダウンロード出来ます。

*問題は追加する予定です。

suiyouekiseisitu1のサムネイル

(Visited 74 times, 1 visits today)

関連する教材