平方根 加減法

平方根の加減法の計算問題です。

計算のやり方基本

平方根の加減法は

同じ数の平方根を含んだ式を、同類項をまとめるときと同じようにして計算します。

例)

3\sqrt { 5 } +4\sqrt { 5 } =7\sqrt { 5 }

根号を含む数の変形分母の有理化をしてから計算します。

 例)

\sqrt { 12 } +\sqrt { 48 } =2\sqrt { 3 } +4\sqrt { 3 } =6\sqrt { 3 }

\frac { \sqrt { 5 } }{ 2 } +\frac { 1 }{ \sqrt { 5 } } =\frac { \sqrt { 5 } }{ 2 } +\frac { \sqrt { 5 } }{ 5 } =\frac { 5\sqrt { 5 } }{ 10 } +\frac { 2\sqrt { 5 } }{ 10 } =\frac { 7\sqrt { 5 } }{ 10 }      

ポイント

練習問題をダウンロードする

画像をクリックするとPDFファイルをダウンロードできます。

*問題は追加していきます。

平方根の加減法1

thumbnail of kagen1_1kagen1_2のサムネイル

平方根の加減法2

kagen2_1のサムネイルkagen2_2のサムネイル

 

平方根のいろいろな計算(四則の混じった計算など)

10分間基礎ドリル中3計算

中古価格
¥999から
(2019/6/5 23:49時点)

(Visited 3,738 times, 1 visits today)