温帯低気圧と前線

温帯低気圧と前線、前線と雲、雨、気温、風に関する問題です。

温帯低気圧の図や温暖前線、寒冷前線の位置や動く向き、天気や風がどのように変化するかなどの問題がよく出題されます。

図を書いて説明出来るように、しっかり学習してください。

温帯低気圧と前線

日本のような中緯度帯で発生し、前線をともなう低気圧を温帯低気圧といいます。

日本列島付近では、南西方向と南東方向に前線ができることが多くなります。

上図の左側、南西方向では寒気が暖気をおすので、寒冷前線になり、右側の南東方向では暖気が寒気をおすので温暖前線になります。

前線と気団を復習して確認しましょう。

上空に流れる偏西風の影響で、前線は低気圧と一体になって西から東へ進みます。

前線の雲、雨、気温、風

 

寒冷前線

寒気が暖気の下にもぐりこみ、暖気を急激に押し上げ、垂直方向に発達する積乱雲ができます。

雲は厚く幅がせまいので、前線の後方のせまい範囲に強い雨が短時間降ります。(上図)

寒冷前線が追加すると寒気の中に入るので、気温が下がり、風は北寄りに変わります。

温暖前線

暖気が寒気の上に乗り上げ、ゆるやかな上昇気流が発生して乱層雲などの層状の雲が横方向にうすく発達します。

雲はうすいので、前線が通過するまでは弱い雨が長く長時間降り続きます。(上図)

温暖前線通過前は寒気の中にあるので気温が低いが、温暖前線が通過すると雨が止み、気温が上がります。

図でわかる中学理科 2分野[生物・地学]改訂新版 (未来を切り開く学力シリーズ)

新品価格
¥1,650から
(2019/10/15 01:24時点)

練習問題をダウンロードする

画像をクリックするとPDFファイルをダウンロード出来ます。

*問題は追加する予定です。

ontaiteikiatuzensen1のサムネイル

(Visited 124 times, 1 visits today)