等式を用いた表現

文章から文字式を表し、等式で表す問題です。

次で学習する一次方程式の文章題で必要になります。一次方程式の文章題の学習の前にも取り組んでください。

学習のポイント

基本的な言葉の意味をしっかり確認しましょう。

等号「=」を使って2つの数量の等しい関係を表した式を等式といいます。

例) 5x+4=24

等式で等号の左側の式5x+4=24 左辺 右側の式 24 を 右辺 といいます。両方をあわせて 両辺 といいます。

文章を等式で表す練習をします。

文字式を使った数量の表し方の学習が出来ていれば等式で数量関係を表すだけになります。割合の問題など、苦手なところがある場合は、しっかり復習してください。

等式を使って表す例
例1)1個 x円の品物を5個と1個y円の品物を3個買ったら、代金は1200円だった。

5x+3y=1200

例2)定価x円の品物をyパーセント引きで買うと、850円になる

x \times\left(1-\frac{y}{100}\right)=850

例3)xkmの道のりを行きは時速xkm、帰りは時速xkmの速さで往復すると6時間かかった。

\frac{x}{a}+\frac{y}{b}=6



練習問題をダウンロードする

画像をクリックするとPDFファイルをダウンロードできます。

等式を用いた表現

thumbnail of tousiki1tousiki2のサムネイルtousiki3のサムネイル

不等式を用いた表現

前の記事

不等式を用いた表現