平方根の式の値

文字に根号の値を代入して、式の値を求める問題です。

そのまま代入しても答えは出ますが、因数分解の公式を使って式を変形し、変形したものに式の値を代入した方が簡単に計算できます。

例)

x=\sqrt { 2 } +1,x=\sqrt { 2 } -1のとき

{ x }^{ 2 }-{ y }^{ 2 }の値を求める。

{ x }^{ 2 }-{ y }^{ 2 }を因数分解する

{ x }^{ 2 }-{ y }^{ 2 }=\left( { x }+{ y } \right) \left( { x }-{ y } \right) \\ =\left( { \sqrt { 2 } }+{ 1+{ \sqrt { 2 } }-1 } \right) \left( { \sqrt { 2 } }+{ 1-{ \sqrt { 2 } }+1 } \right) \\ =2\sqrt { 2 } \times 2=4\sqrt { 2 } \\ \quad \quad

*因数分解で出来るだけ式を簡単にしてから代入するようにしましょう。

 

練習問題をダウンロードする

画像をクリックするとPDFファイルをダウンロード出来ます。

heihoukonsikinoatai1のサムネイルheihoukonsikinoaitai2のサムネイルheihoukonsikinoatai3のサムネイル

 

中学定期テストの対策ワーク数学中3 新装版

新品価格
¥1,296から
(2019/5/18 01:25時点)

(Visited 2,841 times, 1 visits today)