地震ー表やグラフなどの計算問題

地震の表やグラフを使った計算問題です。

地震に関する基本的なことをしっかり学習してから、問題を解くようにしてください。いろいろな問題を解いて、解き方を身につけるようにしましょう。

表を使った問題例

下の表はA,B地点での地震を観測を記録したものである。

震源からの距離(km) 初期微動が始まった時刻 主要動が始まった時刻
A地点 40(km) 13時24分15秒 13時24分20秒
B地点 80(km) 13時24分20秒 13時24分30秒

 

初期微動を起こすP波の速さを求めます。

A地点とB地点の距離の差は 80-40=40(km)

A地点とB地点のP波の到着時刻の差は 13時24分20秒ー13時24分15秒=5秒

P波の速さは 40÷5=8(m/s)

地震が発生した時刻を求めます。

A地点は震源から 40(km)離れているので

P波が到着するのに 40÷8=5秒 かかる

地震発生時刻は 13時24分15秒の5秒前 13時24分10秒

 

*比例式を使っていろいろな問題を解いてみましょう。

グラフを使った問題

下の図は地震発生から、初期微動と主要動が始まるまでの時間と、震源距離との関係のグラフです。

グラフからP波とS波の速さを求めます。

赤丸の75kmの所の座標を読み取ります。

P波 75km で15秒なので 75÷15=5 (m/s)

S波 75km で25秒なので 75÷25=3 (m/s)

震源距離が225kmの地点での初期微動継続時間を求めます。

75kmの地点ではP波とS波の間は10秒なので 75kmの地点での初期微動継続時間は10秒

225kmの地点での初期微動継続時間をx秒とすると

75 :10= 225 : x

x=30    → 30秒

練習問題をダウンロードする

画像をクリックするとPDFファイルをダウンロード出来ます。

*問題は追加する予定です。

jisinkeisanhyou1のサムネイルjisinkeisanhyo2のサムネイル

jisinkeisangraph1のサムネイル

理科計算問題のコツ―入試必出の計算問題の解き方がわかる!! (秀英BOOKS)

新品価格
¥540から
(2018/10/27 22:52時点)

(Visited 73 times, 1 visits today)

関連する教材