仕事率

仕事率の問題です。

仕事との違いをしっかり確認するようにしましょう。

公式を暗記するのではなく、具体的な問題で仕事率の意味を理解するようにしてください。

仕事率とは

仕事率単位時間あたりにする仕事の量です。

式にすると

仕事率(W)=仕事の大きさ(J)÷仕事にかかった時間(秒)

になります。仕事率はW(ワット)で表します。

*時間は秒で表すので注意しましょう。

仕事率を求めることで、どれだけの効率で仕事をすることができたを考える事ができます。

例)質量10㎏の物体を2m引き上げるとき。

仕事の大きさ

10000÷100=100(N)

100(N)×2=200(J)

モーターAで引き上げると8秒かかった

仕事率は 200(J)÷8(秒)=25 (w)になります。

モーターBで引き上げると10秒かかった

仕事率は 200(J)÷10(秒)=20 (w)になります。

モーターAの方が仕事率が大きくなります。→短時間で作業できる。

仕事にかかる時間を求める問題

例)仕事率が20Wのモーターを利用して、質量15㎏の物体を4m引き上げるときにかかる時間を求める。

物体を引き上げる仕事の大きさ

15000÷100=150(N)

150(N)×4=600(J)

仕事率(W)=仕事の大きさ(J)÷仕事にかかった時間(秒) 

に当てはめると、

20(w)=600(J)÷時間(秒) なので

時間(秒)=600(J) ÷ 20(w)=30(秒

と求める事が出来ます。

練習問題をダウンロードする

画像をクリックするとPDFファイルをダウンロードできます。

問題は追加する予定です。

sigotoritu1のサムネイル sigotoritu2のサムネイル

 

→仕事の原理(斜面、てこ、滑車などの問題)*しばらくお待ちください。

くわしい問題集理科 中学3年 新装版 (中学くわしい問題集)

新品価格
¥972から
(2018/10/21 21:57時点)

(Visited 55 times, 1 visits today)

関連する教材