公民まとめプリント6 裁判と三権分立

中学公民の穴埋めまとめプリントです。

教科書や資料集をしっかり読んで、内容を理解してからまとめプリントで穴埋め学習をしてください。

*学校の教科書やノートなどをよく見て定期テスト対策をしてください。時間があれば自分でこのようなプリントを作ってみることをおすすめします。

学習のポイント

裁判所の種類と裁判の流れをしっかり確認しましょう。

具体的な事例もよく出題されます。裁判の種類をいろいろなケースで確認してください。

三権分立は入試でもよく出題されます。今までの内容の復習も含まれますので重要なところをしっかり復習してください。

裁判所の種類と裁判の仕組み

裁判所の種類と三審制をしっかり覚えてください。

裁判の種類(民事裁判、刑事裁判、行政裁判)は具体的なケースで理解するようにしましょう。

人権保障やえん罪、再審についてもよく出題されます。どのように裁判で人権が守られているのか確認してください。

また裁判員制度は新しい制度なのでよく出題されます。仕組みや問題点などを確認して記述問題にも対応出来るようにしてください。

三権分立

三権分立になっている理由、モンテスキューの「法の精神」がよく出題されます。

下記のような図の問題が出題されます。どのような形で出題されても対応出来るように、今まで身につけた知識で説明出来るようにしっかり学習してください。

まんがで分かりやすく公民の基本が学べる本

中学公民 改訂版 (まんが攻略BON!)

新品価格
¥935から
(2019/10/23 23:59時点)

練習問題をダウンロードする

画像をクリックするとPDFファイルをダウンロードできます。

*問題は追加しますのでしばらくお待ちください。

裁判所の種類と三審制

saiban1のサムネイル

裁判の種類

saiban2のサムネイル

司法権と司法改革

しばらくお待ちください。

三権分立

sankenbunritu1のサムネイル

(Visited 464 times, 6 visits today)