粉末状の物質は体積を正確に量れないので、密度で区別できません。

そこで、形や形状を観察し、水にいれたときや加熱したときの変化を調べます。

白砂糖・デンプン・食塩・グラニュー糖 について調べる実験の問題が出題されますので、形状や性質をしっかり覚えておきましょう。

実験の方法
  • 粒の様子をルーペで観察する
  • 水にいれたときの様子を調べる
  • 熱したときの様子を調べる

区別のしかた

粒の大きさ・てざわり 水にとかす 加熱する
砂糖 小さい つやがない よくとける こげる
デンプン 細かい さらさらしている とけない こげる
食塩 大きい 透明で角ばる、立方体 よくとける こげない
グラニュー糖 最も大きい 角ばる よくとける こげる

問題例

A~Cの3種類の白い粉末がある。それぞれの粉末は砂糖、食塩、デンプンのいずれかである。

これらを区別するために以下の実験をした。

1、粉末をそれぞれ加熱したら AとCはこげたが、Bは白い粉末のままだった。

2、水をいれた試験管に、それぞれの粉末をいれたら、AとBはとけたが、Cはとけなかった。

考え方

1より Bは加熱してもこげない →食塩

2より Cは水にとけない →デンプン

残りのAは 砂糖

よって A 砂糖 B 食塩 C デンプン となる。

 *順序立てて考えていけば問題を解くことが出来ます。 

また、加熱してこげることで、炭素を含む物質→有機物 であることを問われることもありますので、確認しておきましょう。

練習問題をダウンロードする

*画像をクリックすると練習問題をダウンロードできます。

+問題は追加する予定です。

konakubetu1のサムネイル

(Visited 237 times, 1 visits today)

関連する教材