無料で使える中学学習プリント

 
 

化学変化ー定比例の計算基本


AとBが化合するとき、Aの質量とBの質量の比は一定であることを利用した計算練習問題です。

グラグや表の問題で出題されることも多いので、基本の計算は確実に出来るようにしておきましょう。


銅:酸素:酸化銅=4:1:5銅:酸素:酸化銅=4:1:5

マグネシウム:酸素:酸化マグネシウム=3:2:5

これを利用して、求めたいものをxとおいて比例式を作れば簡単に解けます。

【例題】銅12gが酸化すると何gの酸化銅ができるか。

銅の質量:酸化銅の質量=4:5

これより比例式は 12:χ=4:5 4x=60 x=15 答え15g

比例式の解き方は、数学でも必要となりますのでしっかりやっておいてください。


練習問題をダウンロード


定比例の計算基本問題




 
ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ