直角三角形の合同条件と証明問題です。

直角三角形の合同条件

直角三角形の合同条件はつぎの2つになります。

(直角三角形は1つの角が直角と分かっているので、残りの2つの角はともに鋭角になります。)

  • 斜辺と1つの鋭角がそれぞれ等しい
  • 斜辺と他の1辺がそれぞれ等しい

↑なぜこうなるかを証明出来るようにしましょう。

直角三角形の合同条件を使って、証明問題が解けるようになればOKです。

*練習問題をダウンロードする。(問題は追加しますのでしばらくお待ち下さい。)

直角三角形の合同1

直角三角形の合同条件の確認と基本的な証明問題です。

直角三角形の合同1−1

直角三角形の合同1−1

直角三角形の合同1−2

直角三角形の合同1−2

その他の合同証明

 

(Visited 3,846 times, 1 visits today)

関連する教材