合同の基本、三角形の合同条件、基本的な三角形の合同証明の問題です。
教科書で基本事項をしっかり確認し、合同証明の手順を覚えていきましょう。

三角形の合同条件

*丸暗記するのではなく、図を見ながらなぜ合同になるのかを説明出来るようにしてください。

2つの三角形において

  • 3辺がそれぞれ等しい。
  • 2辺とその間の角がそれぞれ等しい。
  • 1辺とその両端の角がそれぞれ等しい。

のうちいずれかをみたせば、その2つの三角形は合同である。

証明の手順

*証明は手順を覚えればそれほど難しありません。苦手意識をもたないでどんどんチャレンジしてください。

  1. 仮定を探して書く 仮定は問題文の中にあります。
  2. 仮定以外で同じ大きさのものを探して書く。 中点、同位角、錯覚、対頂角など同じものを探して書きます。
  3. 「三角形の合同条件」の3つのうち、どれかを書く
  4. 結論を書く 結論も問題文の中にありますので、そのまま写して書きましょう。

頭の中で難しく考えないで、まずは練習問題を解いてみましょう。

図形の合同

*問題文の図形にミスがありましたので修正しました。

goudoukihonのサムネイル

 

三角形の合同証明

基本的な証明問題です。

thumbnail of sannkakusyoumei1sankakusyomei2のサムネイル

その他の合同証明問題

証明問題の練習におすすめ


中学数学 図形の証明がらくらく解ける。 (中学数学らくらく解ける。シリーズ)

(Visited 8,567 times, 8 visits today)

関連する教材