証明の基本となる仮定と結論に関する問題です。

仮定,結論の定義

「●●●ならば,□□□である。」 ●●●←仮定(すでに分かっていること) □□□←結論(証明しようとしていること)

仮定と結論が入れかわっている2つのことがらがあるとき,一方を他方のといいます。

仮定と結論が正しいか、逆が正しいかどうかなどの問題がよく出題されます。

*具体的な例を出して考えると、考えやすくなります。

例) x>0 y<0 ならばxy<0 である。

仮定:x>0 y<0 結論:xy<0

* x=3 y=−2 ならばxy=-6<0 となり、これは正しい

逆を考えると

 xy<0 ならば x>0 y<0である。

* x=-2 y=3 でも xy<0 となるから、x>0 y<0にならないので、逆は正しくない。

 正しいか正しくないかを答える場合は、正しくない例がないかどうか考えてみるようにしてください。 

仮定と結論、証明の基本の練習問題

*問題は追加する予定です。

syomeikisoのサムネイル

(Visited 4,316 times, 4 visits today)

関連する教材