対頂角、平行線の同位角、錯角の問題です。
教科書で基本的な性質をしっかり理解してから、問題に取り組みましょう。

【対頂角】 2本の直線が交わっているとき,向かい合う2つの角を対頂角といい,対頂角は等しくなります。

【同位角】 2直線にもう1直線が交わるとき,それぞれの交点の周りにできる角のうち,同じ位置にできる2角を同位角といいます。 平行な2直線では同位角の大きさは等しくなります。

【錯角】 2直線にもう1直線が交わるとき,それぞれの交点の周りにできる角のうち,斜め向かいにできる2角を錯角といいます。平行な2直線では錯角の大きさは等しくなります。

 

対頂角、平行線の角の基本

kihon1のサムネイル

対頂角、平行線の角1

heikousenkaku1_1のサムネイルheikousenkaku1_2のサムネイル

対頂角、平行線の角2

補助線が必要になるなど、やや複雑な問題です。

heikousenkaku2_1のサムネイル

(Visited 5,263 times, 1 visits today)

関連する教材