平方根の基本

平方根の基本事項の練習問題です

ポイント

  • 2乗して9になる元の数を9の平方根

 32=9,(-3)2=9だから,9の平方根は3と-3の2つあります.

  •  2乗して a になる2つの数のうち,正の数の方を √a で表わし,負の数の方を – √a で表わします.

 2の平方根は √2 と – √2 です.(まとめて,±√2 と書きます.)
9の平方根は 3 と – 3 です.(まとめて ±3 と書きます.)

  • 0の平方根は0だけになります。

負の数の平方根は存在しません。 -3の平方根 ←なしと答えましょう。(高校数学では-3の平方根で虚数というものを習います。)

間違えやすい問題

  • 36の平方根は6である ←間違いになります。平方根はと問われたら必ず±をつけて±6にしましょう。
  •  √4=2 (−は含まれません) -√4=-2 となります。
  • (-√5)2=5  ←(-√5)×(-√5)   -√52=-5  ← −√(5×5)

平方根の基本

*問題文にミスがありましたのでファイルを入れかえました。

thumbnail of heihoukonkihon1_2 thumbnail of heihoukonkihon1_1

 

平方根問題

thumbnail of heihoukon1_1

 

(Visited 5,432 times, 1 visits today)

関連する教材