平行線と線分の比の問題です。

基本をしっかりおさえていれば、点数が取りやすい単元です。

比を取る線分に注意をして確実に出来るようにしてください。

比例式の計算を出来るようにしておきましょう

比例式の計算が必要になします。

比例式の解き方の「内項の積=外項の積」を使って解けるようにします。

*ただし、暗算で出来る、倍数などですぐ分かる場合は、方程式をつくらないで素早く計算しましょう。

比例式の計算練習

hinokeisanのサムネイル

基本事項

下の図のように△ABCで、辺AB、AC上にそれぞれ、点P、Qがあるとき

heikousen1

① PQ//BCならば、AP:AB=AQ:AC=PQ:BC

PQ//BCならば、AP:PB=AQ:QC

これを使って線分の長さを求める問題が多くなります。

② 上の逆も成り立ちます

AP:AB=AQ:AC=PQ:BC ならば PQ//BC

*証明問題などで使われます。

 

3つの平行な直線の場合

下記の図で、直線p、q、rが平行のとき、

a:b=a’:b’

a:a’=b:b’

heikousen2

練習問題をダウンロード

*画像をクリックするとPDFファイルをダウンロード出来ます。

*問題は追加する予定です。

平行線と線分の比1

基本的な問題です。

heikousen1_1のサムネイル heikousen1_2のサムネイル

平行線と線分の比2

補助線をひいて考える問題です。

heikousen2_1のサムネイル heikousen2_2のサムネイル

 

(Visited 1,598 times, 1 visits today)

関連する教材