ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

2乗に比例する関数 変化の割合の問題です。

1次関数 y=ax+b では変化の割合がaで一定になります。

y=axの場合は変化の割合は一定にはなりません

変化の割合は

henka1

例)

y=2x2 について

⑴ xが1から3まで変化するとき

henka2

xの増加量=3-1=2

yの増加量=2×3-2×1=16

変化の割合=16/2=8

⑴ xが-1から3まで変化するとき

henka3

xの増加量=3-(-1)=4

yの増加量=2×3-2×(-1)=16

変化の割合=16/4=4

変化の割合を簡単に求める方法

関数y=ax² において、xの値がpからqまで増加するとき、変化の割合は

a(p+q)

で求めることができる。

2のプリントで証明のやり方があります。余裕があったら覚えておいてください。普通に変化の割合の式で答えを求めたあとに、答えの確認で使ってみることも出来ます。

練習問題をダウンロードする

*画像をクリックするとPDFファイルをダウンロード出来ます。

変化の割合1

基本的な変化の割合を求める問題

henka1_1のサムネイル henka1_2のサムネイル

変化の割合2

変化の割合を簡単に求める式の証明と簡単な求めかた

henkanowariai2_1のサムネイルhenkanowairai2_2のサムネイル

変化の割合3

変化の割合から比例定数を求める

henkanowairai3_1のサムネイル henkanowairai3_2のサムネイル

 

(Visited 1,139 times, 2 visits today)

関連する教材