誤差と有効数字、近似値の表し方の問題です。

高校の理科でも使う分野なので、教科書でしっかり意味を確認してから問題に取り組んでください。

  • 誤差とは、真の値と近似値との間にある違い、つまり、誤差=近似値-真の値です。

例)測定値 50.5kg  真の値 50.2kg   のとき 50.5kgー50.2kg=0.3kgが誤差になる。

よく出る問題

ある数aの小数第二位を四捨五入すると 3.2になった。

1. aの値の範囲を不等号を使って表す

四捨五入して3.2になる数は  a= 3.15,3.16・・・3.21,3.22・・・3.24,3.245・・

と考えると 3.15≤a<3.25

2. 誤差の絶対値は大きくてもどのくらいと考えられるか。

3.2と a= 3.15,3.16・・・3.21,3.22・・・3.24,3.245・・の中で誤差が一番大きくなるのは

a= 3.15のとき。 よって 3.2− 3.15=0.05

  • 有効数字とは測定値として意味をもつ桁だけを表示したものです。

A市の人口  242356人

⇧人口は毎日増えたり減ったりするから100の位で四捨五入して分かりやすくしよう!

242000人 と表すと上から3桁の2、4、2が有効数字となる。

→ これを 2.42×105 と表記して、有効数字がどこまでか分かりやすくする。

有効数字を使う場面を普段の生活の中から考えてみましょう。

例えば、体重、 円周率  長い距離 高さ 温度。。。。

 

近似値

近似値の問題です。

thumbnail of kinjiti1_1 thumbnail of kinjiti1_2

 

資料の整理 度数分布などの問題はこちら

中学教科書ガイド 東京書籍版 新編 新しい数学 1年

新品価格
¥2,376から
(2016/4/28 19:20時点)

(Visited 2,302 times, 1 visits today)

関連する教材