数の集合と四則の問題です。

高校入試でも出題されることが多くなっていますので、問題演習をしっかりしておきましょう。

1年生では自然数の集合、整数の集合、分数の形に表せる数の集合について確認します。

ポイント

  • 自然数の集合 加法、乗法はいつでも計算結果が自然数になる。減法、除法はいつも自然数になるとは限らない。

例)自然数が 3と5の場合 3+5=8 3×5=15 ←答えは自然数

3−5=−2 3÷5=3/5 ←答えが自然数にならない

  • 整数の集合 加法、減法、乗法の計算結果は整数になる。除法はいつでも整数になるとは限らない。

例)整数が 2と −5のとき 2+(−5)=ー3

2−(−5)=7  2×(−5)=−10

⇧答えはすべて整数

2÷(−5)=ー2/5   ←答えは整数にならない

数の集合と四則

*分かりにくい場合は、例のように具体的な数を入れて考えてみましょう。

thumbnail of kazunosyugo1 thumbnail of kazunosyugo2 thumbnail of kazunosyugo3

 

中1数学 (テスト前にまとめるノート)

新品価格
¥1,058から
(2016/6/2 22:01時点)

(Visited 7,188 times, 1 visits today)

関連する教材